トイレの水漏れとつまりで床面に汚水が出る現象の解決

トイレは水漏れとつまりは起きてしまうことが目立ち、スペックの高いトイレを使っていてもいつかは問題は発生してしまいます。普通の水漏れでロータンク内が原因だったり、便座の給水管が原因等の場合では簡単に修理を済ませることはでき、つまり問題も同様です。ところが、本当に起きてしまう現象の事例の中には、便器と床面の付近に汚水が水漏れを起こしてしまうことがあり、この状態であれば一般的な方が自ら直すことはやめた方が賢明です。つまりが原因となっている可能性が高いものですが、床面と便器の間では見えない位置にあることから、修理会社に任せても便器とタンクを全て撤去しないと直せません。

陶器製で作られているものなので結構な重量があることと、落下させてしまうと割れてしまうリスクがあるので、作業に慣れている職人の技が必要です。全てを取り外した際には、便器側と床の排水口側を接続しているパッキンを交換する方法で、大体は修復できます。ただし、便器を取り外す作業においては修理費が高くなるので事前に見積もりを出してもらい、納得の上で作業を依頼しないとなりません。パッキン交換を済ませても、排水管の奥の方でつまりが起きている可能性も出てしまいます。

修理会社に任せると、パッキン交換と同時に高圧洗浄機を用いて配管内部を綺麗にする作業も依頼でき、こちらも前もって確認しておき、見積もりを確認することは必要です。この一連の作業を済ませれば、再び快適なトイレを守れます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *