小型船舶免許を取得するにはどうしたらよい?

小型船舶の操縦をしたいという時には、1級~2級の小型船舶免許がありますのでまずは免許取得についての情報researchから始めていきましょう。ちなみに1級と2級は何が違うかとうと、船の大きさは同じです。どこまで操縦が出来るかという海里の違いによるものです。2級の方は5海里までと決められていますので、沿岸から9キロぐらいまで進めますがそれ以上になりますと1級が必要になります。

1級の方はすべての海里で操縦可能で、条件によっては出来ないこともありますが大体の所まで行けます。遠くまで行きたいのであれば1級が必要になるでしょう。この免許は国歌試験を受験するコースか教習所を利用するコースか選んで進みます。国家試験受験コースですと、モータースクールなどで実技の講習は必須ですが、学科は自分で勉強をして国家試験は自分で受けに行くことになります。

教習所利用コースは、国から認定を受けている教習所で規定の講習を受ければ国家試験免除の修了試験で合格出来れば免許取得の流れです。費用の面では教習所の方が高くはなりますが、その分合格率が高くなりますので何を重視したいかで選んでいくと良いでしょう。特殊小型船舶免許は水上バイク専門の免許ですので、水上バイクに乗りたい方は特殊小型船舶免許をとっていきます。この免許は1日から2日で取得できますし、学科を自分でやれば1日で完了します。

水上バイクの操縦は簡単ですし、ストレス発散にも最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*