小型船舶免許を取る前に知っておきたい点

海で水上バイクに乗る時は、免許が必要になります。この免許のことを小型船舶免許、または単に船舶免許とかボート免許と言います。しかしここで注意しておきたい点もあります。水上バイクに乗るには、水上バイク用の免許(特殊小型船舶免許)が必要だということです。

他にボートに乗るための免許もありますが、それで水上バイクに乗ることはできません。小型船舶免許にはいくつかの種類があり、この水上バイク用のものと、ボートに乗るためのものに分けることができます。ボート用の免許には1級と2級とがあり、どの海域を航行できるかによって分けられています。また同じボート用でも、湖でバス釣りをする時のためのものがあるので、免許取得時は、まずどれを取るべきかを決めておくようにしましょう。

免許は試験を受けて合格すれば取得できます。ただしどの免許を取るかによって試験内容は違って来ますので、それぞれの試験内容に合った準備をすることになります。一般的なのは、ボートスクールなどの講習を受けてから、受験するというやり方です。その他には特殊小型船舶教習所で受講する方法や、学科は独学で勉強し、実技関連の講習だけを受ける方法があります。

試験は国家試験で、学科と実技と身体検査が行われます。身体検査では視力と色覚、そして聴覚が検査対象となります。ただし登録小型船舶教習所で受講した場合は、国家試験ではなく修了試験を受けることになっています。この修了試験に合格すれば、国家試験は免除されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*