トイレの水漏れ修理は自分でもできます

トイレで水漏れが発生した場合には、まず止水栓か水道の元栓を閉めて水の流れを止め原因箇所を特定してください。

一般家庭では給水管などパイプ類の接続部分から水漏れが起きているケースが多く見られます。パイプ類の接続部分にあるナットが緩んでいたりパッキンが劣化している場合には、自分で簡単に修理ができます。ナットが緩んでいる場合はモンキーレンチで締め、パッキンが劣化している場合はホームセンターなどで新しいものを買って交換します。交換用のパッキンのサイズが分からない場合は、取り外した古いものをホームセンターなどへ持って行って店員に相談するとよいでしょう。

給水管などのパイプ類が経年劣化が原因で錆びてヒビ割れが起きているような場合は自分で修理するのが困難です。自分で直すのが技術的に難しい場合は、トイレの水漏れ修理を専門的に行っている会社に相談するとよいでしょう。パイプ類の接続部分だけでなくトイレの床も水漏れが発生しやすい場所です。便器の設置方法に問題がある場合や、排水パイプの接続部分にあるフランジパテが劣化していると床から水が漏れてきます。

フランジパテはパッキンと同様にホームセンターで数百円程度で販売されているので、新しいものを購入して自分で修理するとよいでしょう。最近では温水洗浄便座が多くの家庭に普及していますが、細かいパーツが多いので接合部分から水漏れが起きることがあります。ノズルに問題があり水が漏れている場合はホームセンターなどで新しいものを買って交換するとよいでしょう。操作パネルの下や便座脇に問題がある場合は、修理に電気系統が関わるので無理をせず専門会社に相談するのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *