虫歯以外の歯科治療について

歯科医院で行われる治療は、虫歯を削ることだと思い込んでいる人が多くいますが、虫歯以外にも様々な治療が行われています。

歯周病は、歯茎が腫れていく病気ですが、最終的には歯を支える骨が溶かされて歯が抜けてしまいます。歯茎だけが腫れている初期であれば、歯石を取るなどの治療をすれば健康な状態に戻りますが、骨が溶かされてしまうと、元の状態に戻るのは非常に困難です。歯がなくなってしまうと、噛むことができなくなってしまい、見た目も悪いです。

失った本数が少なければ、ブリッジといって、健康な歯を削って橋渡しのようにかぶせる治療ができますが、本数が多い場合は入れ歯やインプラントをして噛む機能を回復させます。歯科治療では、お口の中をきれいにするというものも多いです。矯正は、歯並びをきれいにするために行う治療ですし、歯を白くするホワイトニングもあります。歯だけでなく、黒ずんでしまった歯茎をピンク色にする、歯茎のホワイトニングもあります。

歯科医院では、削ったところに銀歯などの詰め物をしますが、銀歯はとてもお口の中で目立ってしまいます。セラミックやプラスチックなど、お口の中に使える白い材料を使うことで、よりきれいに、自然に治せるようになりました。保険が適用されない部位もあるので、白い詰め物を使いたい場合は歯科医師に相談しましょう。噛み合わせが強い部位には固い物など、患者さんごとに適切な素材があり、歯の形や色を合わせて治療します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *