少し前までは、自分が死んだら先祖代々が眠るお墓に入る事が当たり前の事でした。


その為、自分が死んだ後の心配をする必要はありませんでした。


ところが、現在は、子供がいない方が増えています。



また子供がいたとしても、少子化の影響により、子供の数が少なくなっています。

そんな状況のなので、先祖代々のお墓を子供や孫に任せる事が難しい時代になってしまいました。

それ以外にも、自分が死んだ後に、先祖代々のお墓に入りたくないという考えを持つ方も多くなり、それを口に出す事が出来る世の中になってきています。

そんなお墓の管理などで悩んでいる方、永代供養を検討してみてはいかがでしょうか。

永代供養とは、お墓参りをしてくれる人がいなくても、お寺が責任をもって、永代にわたって日々のご供養と管理を行ってくれるお墓の事をいいます。


永代供養は、一般のお墓と比べて、永代使用料や管理費が安く設定されているのが特徴です。

NAVERまとめのいろいろな情報を集めました。

一式の料金を支払ってしまえば、一般のお墓でかかる管理費やお布施は発生しません。


また宗教や宗旨や宗派などの制約もなく、誰でも利用する事が出来ます。
そのなかで、現在、注目されているのが、樹木葬です。

自然の中で安らかに眠りたいと考えている方に注目されている永代供養です。

外柵や墓石を作ることなく、遺骨を土中に埋めて樹木を墓標とする埋葬の方法です。


自然志向の方で、家族に迷惑をかけたくない方、費用をかけたくない方に注目されています。

ライフスタイルが変わる事により、お墓に対する考え方も多様化しています。



ぜひ永代供養を検討してみてはいかがでしょうか。