樹木葬は墓地に墓石を作らず、土の中に遺骨を埋蔵し、樹木を墓標として弔うもので、自然葬の一種です。


墓標として使用する樹木は、サルスベリ、ハナミズキ、モミジなどの低木で、地域によっても違います。

日本では1999年に、岩手県一関市の臨済宗大慈山祥雲寺が行政と近隣の住民に許可を取り、栗駒山山麓に開発したのが始まりです。
これまでの自然葬の散骨とは違う発想が話題になりました。

樹木葬は墓地以外の場所に遺骨を撒く散骨とは違い、「墓地、埋葬等に関する法律」で定められた場所に埋葬します。

ガジェット通信に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

散骨のように遺骨遺棄罪に問われる危険性もなく、遺骨を細かく砕く必要もありません。



近年、自然葬の中でも、樹木葬に共感する人が増えてきており、人気が高まっています。

里山型と公園型の二つに分類され、里山型は自然環境の維持保全という観点からも評価されています。

公園型は、墓地の施設内に区画があるものと、庭園自体で行っているガーデニング型のものがあります。

また、一人の遺骨に一本の樹木を植えるタイプのものと、複数の遺骨に一本の樹木に植えるタイプのものがあります。

里山の場合、面積が広いため、前者のタイプを取り入れやすいといえます。

樹木葬は宗教の宗派に関係なく利用でき、継承者がいなくても永代供養することができます。



墓石などを購入する必要がないため、経済的にも負担が少なく、生前に本人が希望すれば予約しておくこともできます。
環境に優しく、エコという観点からも現代社会に貢献しています。