自然葬の1つに樹木葬があります。樹木葬は、日本においては1999年以降に始められた、比較的新しい埋葬方法となり、ここでは、宗教に縛られない故人の遺志を尊重した供養が行われます。

できる場所としては、現在、自然を生かした里山型と、霊園内に区画分けされた公園型の二つに大きくわけることができ、中には庭園風としたガーデニング形態を行っているところもあります。



樹木葬の特徴としては、まず、基本的に遺骨は埋葬となります。

ここでは行政の許可を取って霊園や墓地に埋葬されることになり、最近では、霊園によっては散骨による埋葬も行なわれています。


次に、継承者がいない場合でも行うことができるようになっています。
通常、お墓は継承者が前提となりますが、それぞれの事情によってはいない場合もあり、そのために永代供養の形式で故人の弔い、供養を行ってくれます。

多角的な視点からガジェット通信情報は必ず役に立ちます。

3つ目の特徴としては、自然志向の埋葬方法をあげることができます。
樹木葬の中でも大きな特徴となり、ここでは自然を保護し、自然との共生や自然の中で故人が永遠に眠ることができることが尊重されています。



4つ目としては、費用面をあげることができます。

一般の墓地の場合には、地域にもよりますが購入費用が高額となることが多く、また、都市部などでは墓地もなかなか見つからないことも多いために、埋葬を行う場合などには困ることがあります。
樹木葬では相場的にも安く行うことができ、また、墓地や霊園によっては年間管理料がかからないところもあります。