自然葬は現代のニーズによって生じた新たな葬儀の形であり、ここ数年で急激に注目を集めるようになった存在です。


中でも特に注目されているのが海や山など、故人の思い出の場所やお気に入りの場所に遺骨を撒く散骨です。

本当のWeblio辞書情報のご紹介です。

この方法自体は以前から行われていたのですが、一般の人に広く知られて採用されるようになってきたのは最近のことなのです。
さて、しかしながらこの散骨による自然葬は高い人気が存在しているのと同時にトラブルの事例も報告されるようになりました。

特に多いのが「海や山に遺骨が撒かれることによって生じる価値の変化」というところです。

例えば登山などのレジャー目的でかねてより使用されてきた山に遺骨が勝手に撒かれたとなると、そこは「遺骨が撒かれた山」として扱われてしまいます。



もちろん人間の骨が撒かれた程度で山に何か異常が起きるわけではないのですが、それでも散骨がされているという事実はその場所の価値に何らかの影響を与える恐れが大きいのです。
このことは海に散骨された場合でも同様のことが言えますから、自然葬という在り方を今後維持し続けるためには絶対に考えなくてはならないことであると言えるでしょう。



実際、しっかりとした葬儀社などであれば事前にその場所に散骨をしても問題が無いかどうかを確かめ、間違い無く問題無いと断言できるところでだけ散骨をするようになってきています。
しかしもしもこのまま勝手な散骨や周りを鑑みないビジネスとしての自然葬が横行すれば、いずれ自然葬という在り方そのものが失われてしまう可能性もあるわけですから、こうした問題については全ての人が考え、解決に向けて取り組んでいく必要があると言えます。