水漏れやつまりが起きた場合の基本的な対処法

家庭で起きる水のトラブルのほとんどは、水漏れまたはつまりに該当します。トラブルに初めて、もしくは久しぶりに見舞われてしまった場合、混乱してしまう可能性があります。そうならないように、自分でこうなったらこうするというパターンを頭の中に作り上げておきましょう。基本的に水漏れが発生してしまた場合には、被害が拡大しないように直ちに元栓や止水栓を閉める必要があります。

特に、共同住宅の場合は近隣住民に迷惑がかかってしまう可能性がありますから、どこに元栓などが存在しているのかを把握しておかなければなりません。基本的に、水漏れ箇所が判明している場合は、給水管や給水器具に付属している止水栓を閉めるべきですが、止水栓がわからない場合は元栓から閉めましょう。ちなみに、元栓を閉めれば住宅内の水は全てストップしますから注意が必要です。水漏れの場合は修理が複雑な場合が多いですから、修理会社を頼ることを基本にしましょう。

一方、つまりの場合は自分でも対処できる場合がありますので、無理のない範囲で挑戦してみてください。トイレの場合、ラバーカップやパイプクリーナーなどの道具があれば、容易にトラブルを解消することができる可能性が高くなります。ラバーカップなどがない場合でも、ぬるま湯をバケツで何度か流すだけで水が流れるようになることもあります。酢や重曹、食器用洗剤をぬるま湯に混ぜるのも効果的です。

また、ペットボトルをラバーカップのように使う方法や、手にビニール袋を装着して水を押したり引いたりすることで、正常に戻る場合があります。これらの取り組みでもつまりが解消しない場合や、作業を行うことが困難な場合は、水道会社に相談し、見積もりを依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *