シンク下の水漏れやつまりが起きる原因

キッチンでもシンク下の水漏れやつまりには様々な原因があって、部品交換だけすむ場合やナットなどの緩みを締めなおすだけで改善出来たり、洗浄で汚れを落とすことで直ることもあります。素人では対処が出来ない場合を除いて、あらかじめ原因を知っておけばトラブルの対処も可能で、長期の連休中や早朝や夜間などに起きても応急処置が取れます。シンク下からの水漏れやつまりは、流れた水は排水トラップという接続部分へ流れて、シンクにねじのように取り付けされているためその隙間から漏れないようにゴム製のパッキンが付いてます。ゴムなので長い間使っていると経年劣化しパッキンが硬くなり亀裂が起きたり、縮んでしまい漏れが起きます。

交換の目安は10年から15年ほどですが長く使わない時期があって乾燥や、寒冷地でゴムの伸縮性が落ちると早く劣化します。排水トラップを止めているナットが緩んでも漏れが起きます。排水トラップで水漏れやつまりがないなら、排水蛇腹ホースの接続分の不良かもしれません。ホースまたはパイプがどの材質で出来ているかで接続に使う部品も違いますが、大体は樹脂製のナットで固定してあるだけです。

ナットを止める部分にパッキンが使われていて、これも劣化するとナットが緩んで接続も緩み漏れます。中には排水管へ繋がるホース自体へ亀裂が入ることもあり、ホースの割れや亀裂があったりすると、蛇腹の途中で漏れていたりします。排水ホースを交換すると納まることもあるので、長さと大きさに注意してホームセンターなどで新品を買って交換するといいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *