トイレのつまりトラブルについて

普段の生活で水廻りはとても重要ですが、トラブルを起こしやすい場所でもあります。

排水つまりを起こしてしまって水が逆流してあふれてしまいそうになるかもしれません。水廻りのトラブルだけだったはずが、トイレやキッチン、バスルームなど生活していく上で重要な場所が使う事が出来なくなる可能性があります。万が一のトラブルに備えて解決方法を覚えておくと良いでしょう。トイレのつまりも自分で解消できる場合と業者に依頼をした方が良い場合があります。

トイレのつまりが起きる原因の1つとして、大量のトイレットペーパーを流して、詰まらせてしま事が挙げられます。解消方法としてハンガーを使用して取り除く方法がありますが、あまり推奨されていません。理由は、便器に傷がついてしまう事があるからです。トイレが詰まった時によく使用されているのが、ラバーカップです。トイレだけでなく浴槽のつまりにも使用できる道具です。トイレが詰まった時にも効果的な道具です。ラバーカップを使用する際に、注意しなくてはいけない事があります。水はねが発生してしまうので、使用の際には便器をビニール袋で覆うようにしましょう。ラバーカップは、実は洋式用と和式用の2種類があります。購入の際には間違えないようにしっかりと確認してください。また、ラバーカップを使用する時、お湯を流し込むのはあまりよくありません。理由はお湯を流し込むせいで、便器や接続部分を破損させてしまう恐れがあるからです。これらの方法は自分でもできる方法なので覚えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *