水のトラブルの代表格であるトイレのつまり、その種類

水のトラブルの代表格であるトイレのつまりには、放置しても良い状態と放置せずに直ぐに対応しなくてはならない状態に分けられます。

放置しても良いトイレの状態は自然に直っていくタイプで、その理由はトラブルの元であるつまりの原因がトイレットペーパーや排泄物など水に流せるものだからです。半日以上放置すれば、いつも通りのトイレになりますが、すぐにでも直したい場合は熱湯を使用する方法が推奨できます。

鍋の水を入れて沸騰させ、その熱湯をトイレに注ぎ込み、30分ほど待てば解消されるという方法です。この方法は簡単ではあるものの、注意点として熱湯の温度は60度を超えないようにするポイントが挙げられます。トイレは陶器で作られているので、熱に弱く、高温すぎると破損してしまうリスクがあるからです。もしも熱湯を使用したくなかったり、トラブルを引き起こしているつまりの原因がトイレットペーパーの芯など取り除かなくてはならない代物だったりした場合は、ハンガーやスポンジを使ったほうが早いです。一方で、放置せずに直ぐに対応しなくてはならない状態は文字通り、時間経過していくうちに悪化していくタイプで、その原因は紙おむつなどの異物です。特に水分を吸収すると、膨れ上がる品ほど早急な対応が求められます。業者に依頼しても良いですが、手っ取り早く、確実な対応策はゴム手袋をして、排水口に手を突っ込んで取り出す方法が一番です。この方法は、スマートフォンなどの物品を落とした際にも活用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *