タンク内を調整して自分でトイレの水漏れを修理する

タンク内でちょろちょろと音がし便器内にずっと水が流れっぱなし・・という場合、タンク内にトラブルが発生している可能性が高いです。

トイレタンクに水漏れの原因がある場合、自分で修理することもできるかもしれません。タンク内にはゴムフロートやボールタップという部品があり、これらが劣化している・位置が正しい位置からずれていると、ずっと便器内に水が流れ出てしまう原因となります。このようなケースなら部品の交換や調整で、トイレの水漏れを自分で修理することも可能です。部品を新しいものに交換する際も、位置を調整する場合でもまずは便器に水が流れ続けることを止めなければいけません。まずは止水栓を止めてトイレの水漏れを修理する準備を行いましょう。

止水栓はタンク横にあるケースがほとんどです。ネジ部分をマイナスドライバーを使い時計回りに回すことで、水の流れを一旦ストップすることができます。止水栓を閉めたらタンクを開けてみましょう。ゴムフロートは特別な道具がなくても外せますし、取り付けも手で行えます。ホームセンターなどでも販売されており、価格も500円から1000円ほどです。

古いゴムフロートを鎖とオーバーフロー管から外し、新しいものへと交換しましょう。この時、ゴムフロートが排水口にピッタリ合うように取り付けるのがコツです。また、鎖が絡まっているだけで水が止まらなくなるケースもあるようです。このような場合は、鎖を調整するだけで直るかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *