トイレレバーが原因の水漏れを修理する方法

トイレレバーに問題が起こり水漏れしている場合、自分で修理することも可能です。

レバーのフックはタンク内にあるゴムフロートという部品に鎖でつながっています。レバーを傾けると鎖が上へ引っ張られ、ゴムフロートを持ち上げられることで便器内に水が流れるという仕組みです。何等かの原因でレバーに異常が生じて、ずっと傾いたままになってしまうとタンク内のゴムフロートも持ち上げられ続けることになり、便器内に流れる水も止まりません。レバーを回した時に動かしにくく感じたり、傾いたままで水が止まらないという場合は、新しいものへと交換しトイレの水漏れを修理する必要があります。

ホームセンターや通販、またメーカーから取り寄せるなどして購入可能です。まずはトイレの水漏れを止めて修理するために、止水栓を閉めることから始めます。止水栓を閉めると水の流れが一旦ストップするので作業しやすくなるためです。タンクの蓋を外してレバーからゴムフロートの鎖を外しましょう。古いレバーを取り外して、新しいレバーが取り付ける時には、ナットを緩めたり閉めたりするプライヤーなどの工具が必要です。

取り外したときとは逆の手順ではめていき、ナットをプライヤーなどでしっかりと閉めましょう。ナットが緩いと今度は、そこから水が漏れ出てしまうことがあるので注意が必要です。取りつけ後はゴムフロートの鎖をレバーのフックに引っ掛けて、ゴムフロートと連動させます。最後に止水栓を開けて水の流れを確認し問題なければ終了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *