温水便座トイレの水漏れを修理する方法

一般家庭での温水便座の普及率は70%を超えているというデータもあるほど、多くのご家庭で使われています。

ただ、温水便座の場合、一般のものと比べるとパーツが多いこともあり各接合部分から水漏れすることがありますが、温水トイレも場合によっては自分で修理することも可能です。温水便座トイレの水漏れを自分で修理する方法としては、ノズル部分の洗浄やノズルを交換するなどが挙げられます。ノズル内部の弁には意外とゴミが絡んでいることが多く、ゴミが詰まったことで故障していることが原因というケースも少なくないようです。

このような原因の場合はノズルお掃除など、ノズルを引き出すボタンがある場合には押してノズルを出し掃除する、もし無い場合は手で引き出して汚れを落とすことで簡単にトイレの水漏れを修理することができます。ノズルはホームセンターなどでも販売されているので、自分で交換することも可能です。もし、種類が分からないという場合はメーカーに問い合わせてみると良いでしょう。

ノズルの先端を反時計回りにまわして先端を引き抜き、取り外した時と反対に回せば新しいものと交換できます。ただ、操作パネルの下や便座脇から水が漏れだしているというケースは、素人で直すことは難しいようです。操作パネルなどは電気が通っているので、素人が扱うと感電してしまうリスクがあり危険です。ですので、このような場合は止水栓を閉めて一旦水の流れを止めて、さらに電源プラグも抜いてから専門業者に相談すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *