トイレの水漏れは専門の修理業者に依頼しましょう

トイレなどの水回りは毎日使用するだけに経年劣化によるつまりや水のトラブルが起こりやすい場所で、放置しておくと悪臭やカビなどが発生するため定期的なメンテナンスや修理が必要です。

水漏れが発生している場合、トイレの内側に溜まる封水という水の量が少なくなります。封水が少なくなると強い便臭や下水臭がするので、見た目では水漏れがわからなくても修理をしなければいけないと気づくきっかけになるのです。水漏れに気づいたらまずはどの箇所で起きているかを調べ、箇所によって自分で改善したり専門の修理業者に依頼するなどの検討をしましょう。

トイレタンクで漏れが起きているため水流が悪く封水に水が溜まらない場合は、タンク内の部品の破損などの可能性があるためホームセンターなどで買ってきて部品を交換します。水を流したあと水位が高くなり便器からあふれる寸前に徐々に水位が下がる場合は、便器の比較的内側でつまりや水漏れが発生しているので、個人でラバーカップなどでつまりを取り除くと直すことが可能です。

全体的に水の流れが悪い場合は奥の方でつまりや水漏れが起こっているため、専門の修理業者に依頼して直してもらう必要があります。更に家の外にある汚水枡や排水管が故障している場合もあり、この状態には高圧洗浄で排水管の洗浄をするとトラブルが解決するので、汚水枡や排水管ごと交換する大工事になるのではと不安がらず気軽に修理業者に相談してみることが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *