トイレの水漏れを修理する前にすること

トイレで水漏れが発生し修理する場合、まず最初に必ず行いたいのが「止水栓を閉める」ことです。

止水栓その器具に限り水を止めるという役割を持つ部品で、キッチンや洗面台などの水回りの設備には、ほとんどついています。止水栓を閉めないと、どんどん水が流れてしまうのでより水の被害が増すので、すぐに閉めることが必要です。タンクの横や壁などに止水栓は大抵ついているので、マイナスドライバーなどを使ってネジ部分を閉めましょう。

時計回りに回せば締めることができます。元栓を閉めることで水の流れが一旦ストップされるため、水漏れも止まりトイレの修理ができるようになります。また、自分で直す時だけでなく水回りトラブルを専門に取り扱っている専門業者に依頼する場合も、止水栓を閉めておけば水の被害を予防できるので安心です。ただ、タンクレスタイプの場合は止水栓を便器内部に隠す形で設置しているということもあるようです。もし、見つからないという時は家全体の水道が使えなくなってしまいますが、元栓を締めて対処すると良いでしょう。

トイレの水漏れ修理が終わり、止水栓を開けるという時にもコツがあります。開けたいときには反時計回りに回しますが、最適な開き具合に設定しなければいけません。開きが足りないとタンクへの給水に時間がかかってしまい、必要なときに適正な水の量が流れないケースがあるようです。水が足りないと今度は詰まりの原因になるため、最適な開き具合をチェックしておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *