トイレの水漏れを修理するポイント

トイレの水漏れを修理する場合には最初から専門の修理会社に頼むのではなく、なるべく自分で直すようにすると費用を抑えることができます。

急にトイレで水漏れが発生すると慌ててしまい、原因を特定しないまま専門の会社に依頼してしまうケースが多く見られます。確かに修理会社に依頼すれば確実にトイレの水漏れを直すことができますが、費用がかかるので注意が必要です。トイレで発生した問題には素人でも簡単に直せるものがあるので、まずは止水栓を閉めて原因を特定するようにしてください。

給水管などパイプ類の接続部分にあるパッキンが劣化している場合は、ホームセンターなどへ行けば数百円で新しいものを購入できます。モンキーレンチでパイプ類のナットを緩めて古いパッキンを取り除き、新しいものと交換すれば簡単に問題が解決します。交換用パッキンのサイズや種類が分からない場合には、取り外したものをホームセンターなどへ持って行って店員に相談するとよいでしょう。パッキンを交換したら再びナットを締め直して止水栓を緩めれば作業が完了します。

ナットの緩みが原因で水が漏れている場合は、たんにモンキーレンチで締め直すだけで水漏れを止めることができます。給水管の耐用年数は一般的に15年ほどとされており、経年劣化による錆で腐食したりヒビ割れが生じることがあります。腐食やヒビ割れが原因で水漏れが起きている場合は個人で修理するのが難しいので、専門の会社に相談するとよいでしょう。トイレに問題が発生した場合には自分で直せる箇所を自分で修理し、難しい箇所は専門の会社に任せるのが効率的です。
トイレの水漏れ修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *