トイレでの水漏れ修理に必要なこと

今まで普通に使っていたトイレで水漏れが起きると、驚いてしまうかもしれません。

けれど、緊急のときほど修理の前に急いで行わなくてはいけないことがあります。それは、とにかく水を止めることです。水漏れの程度にもよりますが、床が水浸しになっているような場合などには少しでも早く水の流れをストップさせることが何より大事なことといえるでしょう。水を止めるには、トイレタンクの横についている止水栓を締めます。止水栓が見当たらない場合は、家全体の水をストップさせましょう。

水道メーターは、家の外にあることがほとんどです。水道メーターを確認した上で、締めてみます。水が止まったことを確かめてから、修理に向けての準備を始めます。次に必要な作業は、水漏れがトイレのどの部分で起きているかの確認です。水漏れの原因には、様々なものがあります。原因によってその後の対処も変わってきますので、自分でわかる範囲のことは修理業者を呼ぶ前に確かめておくようにします。

トイレタンク給水管から水が漏れている場合は、管の接続部分に付いているパッキンの劣化である場合が多いです。便器の中で水が流れ続けているような時は、タンク内に問題があるかもしれません。トイレの床で水漏れが起きている場合は、床下の配管部分に損傷が起きている可能性を考えたほうがよいでしょう。温水洗浄便座から水が漏れているケースでは、接続部分などの部品の劣化が原因であることが多いといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *