歯科医院に行く前に痛みを抑える方法

虫歯や歯周病は、風邪のように放置していても自然に治ることはありません。

放っておくと、どんどん進行していくので、痛みや違和感を感じたらすぐに歯科医院へ行くことが大切です。虫歯の進行は症状によって分かります。初期は冷たいものがしみる程度ですが、そのうち甘いものや温かいものがしみてくると虫歯が進んでいる証拠です。何もしなくてもズキズキ痛むような場合は、神経まで虫歯が到達してしまっているので、神経を取る治療か、歯を抜かなくてはいけません。ここまで痛みがあると、仕事も手につかなくなってしまうほどです。

歯科医院へすぐに電話をして治療してもらう必要がありますが、すぐに行けないときもあります。そのようなときは、できるだけ痛い歯に刺激を与えないようにするのが大切です。また、血行が良くなると痛みが増してしまうので、運動や入浴、アルコールも控えましょう。氷などを口に含んで冷やしたり、冷やしたタオルを頬にあてるなど、痛い場所を冷やすのは痛みの軽減につながります。

夜間や祝日など、歯科医院があいていないときでも、救急センターを利用すれば受診できることもあります。虫歯の菌が体内に入ると、重篤な病気になることもあるので、たかが虫歯と考えないで、できる限りの処置をするようにしましょう。応急処置をすることで、痛みは引いて行きますが、治療は最後まで行うようにします。痛みがなくなったからと行くのを辞めてしまうと、また虫歯が進行していきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *