マウスピースを使った歯科治療

マウスピースというと、ボクシングやラグビーの選手が、お口を守るために使用するイメージがあります。

これは、スポーツ歯科という分野で行われる治療で、衝撃を和らげることで、粘膜を切ってしまったり、歯が折れるのを防ぐ効果の他にも、脳震盪の発生率を軽減させることができます。スポーツ中は、噛みしめることで、瞬発力の向上なども得られ、こともから大人まで使用する人が増えています。また、最近増えている顎関節症の治療にもマウスピースが使われています。

顎関節症は、口を開けると音が鳴ったり、口を開けると痛むなどの症状がでる病気です。歯ぎしりや食いしばりなどの顎への負担が原因とされていて、負担を軽減するためにマウスピースを装着します。矯正歯科でもマウスピースを使った治療があります。従来のワイヤーを歯に付ける方法はとても目立ってしまい、抵抗を感じる患者さんが多くいました。

透明なマウスピースを装着することで、少しずつ歯を動かしていく治療で、希望する患者さんも増えています。マウスピースは、市販のものもありますが、歯科医院では歯型を取って、オーダーメイドで患者さんひとりひとりに合わせたものを作成します。調整や修理などもすることができ、歯を守る効果も高いです。歯科医院で作るマウスピースと市販のものを比較すると、市販の方が1/10も保護能力がないことが分かっています。薄い素材で作る市販のマウスピースはすぐに穴が開いてしまうなどのトラブルもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *