子供の頃から行える歯科の予防

大人になってからも、歯科医院で歯を削られた恐怖心を忘れられない人が多くいます。

中には、虫歯は早く治療しなければいけないことを理解しているのに、歯が痛くなってもなかなか歯医者へ行かずに我慢してしまう人もいるほどです。虫歯や歯周病は、放置していても良くなることはありません。違和感があれば、すぐに受診して治療してもらうことで、歯の寿命を延ばすことができます。しかし、歯科医院に苦手意識を持っている人が多いのも事実です。昔は、子供の虫歯が多く、泣きわめく子供を押さえつけて削るということが一般的でした。

これは、虫歯の進行を食い止めるために仕方がなかったことですが、今ではあまり行われなくなりました。まず第一に、子供の頃から歯科医院に苦手意識を持ってしまうと、そのまま一生を過ごしてしまうためです。ですから、最近では無理やり治療するのではなく、子供にも説明を行い、歯医者さんの雰囲気に慣れてから治療を行うという所が増えています。

歯科で使われる器具を触ったりして、怖がる必要がないことを理解した子供は、驚くほどすんなりと治療を受け入れてくれます。歯を守るための歯ブラシの重要性も高まり、虫歯のない子供たちが増えています。歯を強くするフッ素を使うことで、虫歯になりにくいお口の環境に変えてきます。フッ素は歯磨き粉にも含まれていますが、歯科医院でしか扱えない高濃度のフッ素を塗ってもらうとおり効果的です。定期的に通うことで、悪くなる前に受診できると歯を守ることができます。
歯科医師国家試験対策のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *