矯正歯科にかかる期間

歯並びをきれいにする矯正歯科を希望する人は少なくありません。

しかし、歯をきれいに並べるためには、歯を正しい位置へと動かす必要があるために、治療期間は長くなってしまいます。それでも、きちんとした歯並びへと治療を行えば、きれいな歯並びは一生自分の宝物になります。歯並びが悪い状態を気にして手で口元を隠すより、大きな口で笑える方が魅力的に写ることは誰にでも分かることです。

矯正歯科では、治療の前にレントゲンや写真を撮影し、現在の状態を正確に把握します。そして、どのように治療すればいいかを計画し、患者さんと一緒に治療を進めていきます。治療にかかる期間は、治療に入る前に説明されますが、2~3年ほどの期間がかかります。歯にかけたワイヤーが引っ張る力を利用して動かしていき、正しい位置にきたら、そこにあり続けるようにしなければいけません。矯正歯科で、一度歯並びがきれいになったからといって、すぐに治療を辞めてしまう人がいますが、これは良くありません。動かしたばかりの歯は、後戻りと言って、元の場所に戻ろうとする力があります。

そのため、正しい位置に固定するための保定という期間が必要になります。この保定をしないでいると、きれいになった歯並びが、また悪くなってしまいます。保定にはワイヤーの装置は使わずに、専用の装置を使って行いますが、指示された通りに装着することがとても重要になります。保定までを含めて、矯正歯科の治療になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *