故人を弔う方法というのは、法律違反さえしていなければ、本人や家族が自由に選ぶことができます。

必ずしもお墓を準備しなければならない決まりはありません。

海に散骨する自然葬が人気を集めていますが、同じく自然葬の枠組みに含まれている、樹木葬というやり方が登場しています。樹木葬は1999年頃から、日本でも利用されるようになった方法です。



適当な場所ではなく、公的機関の許可が得られている、お寺や霊園に埋葬するようになりますが、近年では海などで行われる散骨のスタイルで、樹木葬が行われる例が増えており、広い意味でこの言葉が使われるようになっています。

Weblio辞書についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

樹木葬による方法は、他の自然葬と同様に継ぐ人がいなくても気軽に利用できるメリットがあります。
お墓であれば、管理をする義務が生じますが、樹木葬であれば永代供養の形式で、お寺や霊園、専門の業者などに任せることができます。



宗教の縛りが少なかったり、全くないケースが多いため、気兼ねなく利用できるというよさもあります。

また、お墓といった窮屈な空間に弔われるよりも、自然に還りたいと願う人が希望するやり方として、注目されています。

樹木葬の費用は永代供養墓と似たような相場になっており、30万円から70万円ほどとなっています。
お墓を建てる時の費用が200万円前後だと考えれば、格安で行えることが分かります。

永代供養の形式になりますので、管理費や会費などの費用がかからずに済むことが多くなっています。